×

CATEGORY

雫屋Yahoo!sショッピング店

8月21日よりオープンいたしました

オリジナル注文

オリジナル作成注文承ります!

CONTENTS

年末年始のご案内

休業期間:
  2018年12月29日(土)から
  2019年  1月 6日(日)まで

誠に勝手ながら、受注入金確認・商品発送・問い合わせ対応をお休みさせていただきます。

店長日記

こんにちは!店長の増子です!
当ショッピングサイトは3Dステッカーを中心とした制作・販売のお店です。ここでは、制作工程や新商品開発の模様をお伝えし、3Dドーミング加工の魅力をご紹介しております。

店長日記

HOME»  3Dドーミング加工について

3Dステッカーについて

雫屋の『3Dステッカー』は印刷・形状カットをした粘着シートに透明樹脂をドーム状にコーティング(ドーミング加工)したドーミングステッカーです。
ステッカー自体が立体的になる・印刷面が立体的に見えることから、当店ではドーミングステッカーを『3Dステッカー』と呼んでおります。
他社様では『ドームステッカー・ドームシール』や『ポッティングステッカー』とも呼ばれております。

ステッカーの表面が弾力のある樹脂によって保護されておりますので耐水・耐久性が増し、ステッカー自体にも樹脂にも傷がつきにくく、色落ちしにくいので屋内外問わず貼り付けていただけます。

3Dステッカーの特徴

当店の3Dステッカーは以下のような特徴があります。
屋外看板にも使用する耐久性・耐候性に優れたシートを使用しています
弾力のある樹脂を使用しているので傷つきにくく、耐水性にも優れています
UV効果のある樹脂のため印刷色が色あせしにくい

使用上の注意

表面が弾力のある樹脂のため、ステッカーのサイズや形状によっては樹脂の弾力・反発の影響でしっかり貼り付けられない・剥がれやすくなる場合がございます。
上記と同様の理由により、凹凸面に貼り付けることはできません。
3Dステッカーの樹脂は温度の影響を受けやすく、暑いところでは柔らかく、寒いところでは固くなります。
 これは一時的なもので品質には影響はありませんが、急激な温度変化によっては劣化しやすくなりますのでご注意ください。

3Dドーミング加工について

ドーミング加工


 

ドーミング加工

ドーミング加工とは対象物に樹脂液を表面張力を利用してドーム状にコーティングする加工方法で、ポッティング加工・樹脂盛り加工とも呼ばれています。
ドーミング加工を施すと、対象面が樹脂でコーティングされ立体的でつややかな仕上がりになり、色あせしにくくなる、耐水・耐候性が増す、といったさまざまな効果があります。

3Dドーミング加工や3Dステッカーに関してのよくあるご質問は こちらのページで紹介しております。

樹脂について

雫屋では、ポリウレタン樹脂液(液体樹脂)に硬化剤を混ぜ合わせた二液性の樹脂液を使用しております。
樹脂は色は透明で、完全に固まると弾力があり厚いゴムのような硬さになります。
(厚いゴムに似た触感・硬さですが、伸縮性はございません。)

樹脂は温度の影響を受けやすく、暑いところでは柔らかく寒いところでは固くなりますが、品質に問題はございません。

加工手順

基本的に樹脂液が染み込んだり気泡が発生する材質でなければ、ステッカーシートの他にアクリルや鉄などに対してもドーミング加工を施すことができます。
基本的なドーミング加工の手順を、3Dステッカーの作成を例にご紹介致します。

データ作成

3Dステッカーのデザインデータとカットデータを作成します。
加工の性質上ステッカーの形状によっては加工できない形状もございますので、形状の編集やサイズの調整をします。

印刷

ステッカーシートに印刷をし、インクが完全に乾くまで時間を置きます。
(完全に乾いていないと印刷が剥がれてしまったりステッカーがめくれてしまうことがあるため、最低でも半日ほど時間を置きます。)

カット

印刷をしたシートをステッカーの形状でカット(ハーフカット)します。
普通のデザインステッカーやシールの場合はこれで完成となります。

 
ドーミング加工手順 形状カット
加工準備

ドーミング加工の準備をしていきます。

作業台や保温器が斜めになっていると、一部分に不可がかかりやすくなり樹脂が漏れる原因になるため、作業台と保温器をそれぞれ水平になるように調整をします。

印刷+カットをしたシートを作業板に貼り付け、3Dステッカーにする部分以外の余分な部分をシートから剥がします。

(3Dステッカーの加工の場合は、シート離型紙とステッカーの数ミリの段差に表面張力を働かせ加工をしますので、段差をつくるためにステッカーのまわりの余分なシートを剥がします。)

 
ドーミング加工手順 カスとり
ドーミング加工

ステッカーに液体樹脂を流します。
サイズや形状によって樹脂の量や広がり方が異なりますので、加工するステッカーにあわせて、樹脂量を調節しながらステッカーの全体に樹脂を行き渡らせていきます。

表面張力を利用した加工方法のため、ステッカーに盛れる樹脂量・厚みはサイズ・形状によって決まり、基本的には2mmほどの厚みが最厚となります。

また、丸や四角などシンプルな形状だと側面から見ても均一な厚みに仕上がり、形状内に広い部分と狭い部分があるような形状だと、狭い部分に垂らした樹脂液が広い方へと吸い上げられ、側面から見ると凹凸のあるような仕上がりになります。

全体に樹脂が行き渡ったら、加工中に入り込んだ気泡や小さなホコリやゴミなどを取り除きます。

 
ドーミング加工手順 ドーミング
保温・完成

保温器に入れ樹脂が完全に硬化するのを待ちます。
樹脂は時間をかけてゆっくりと固まっていきますので、保温器の中に約1日ほど置き樹脂を固まらせます。

樹脂が完全に固まれば『3Dステッカー』の完成です!

ドーミング加工・3Dステッカーに関してよくあるご質問は こちらのページでご確認頂けます。

ドーミング加工手順 保温・完成

3Dステッカーや3Dドーミング加工に関してのよくあるご質問は こちらから。
ドーミング加工中の様子を紹介する動画です!是非ご覧ください↓↓↓